Biography

KYOTARO

ドローイング、ペインティング、マンガ、アニメーションなど、幅広い分野で活動するドローイングアーティスト。
動物や神々を、主に鉛筆によるドローイングで描く。
国内にて多数個展を開催し、ニューヨーク、マイアミ、北京、上海、サンフランシスコ、など、グループ展に参加。
2012年には作品集4冊刊行する。『天界トリップ』『ベイビー・シャワー・ストーリー』(ともに河出書房新社)『I SAW A LOT OF FAIRIES - 妖精の行く道』2012(ERECT Lab.)、漫画単行本『MWUAI』などがある。
2013年6月には伊勢丹新宿店のショーウィンドー12面に『天界トリップ』の幻獣や神々のドローイングが展開された。
2014年にはあちゃちゅむムチャチャのデザイナーしんやまさことのコラボ絵本『カラポンポン』(六耀社)出版。特別装丁本も制作中。

アーティスト。1978年京都生まれ。
1998年京都嵯峨美術短期大学グラフィックデザインコース卒業
ルーツは漫画、メルヘンからインスピレーションを得ており、幼い頃から漫画や絵本の挿し絵、サイケデリックな絵に興味をもつ。
1999年に拠点を東京に移す。
かつて恵比寿にあったP-house Galleryで2000年に展覧会を行う。その頃から漫画という枠からはみ出るということに重要性を感じ始める。

本名:青木京子
性別は女
恋愛対象は男性
男性の名前のペンネームにしたのは、中性的な位置から作品を観て欲しい為です。また、自由に表現出来る場を創作する為に1996年からこの名前で活動しています。KYOTAROという名前を一つのアイコンとして観て欲しい。私はKYOTAROという文字から創作の可能性、パワーを得ています。

観る人にいつもなにかギフトを与えるような存在であり続けたい。

「原点に立ち戻る事」それが今私達にとって必要な事のような気がしています。太古の昔から、私たちは深く感じる事で新しい進化を遂げてきたとも言えると考えております。「感じる」という感覚は非常に重要な要素です。しかし、日々の生活の中で少しづつ薄れて行ってしまう気がします。 私の絵は深い感覚の部屋の奥の方から紡ぎ出している絵です。その形のない世界では皆繋がっているのだと思います。」

 

Drawing, painting, manga, animation and more: fundamentally a drawing artist who practices across a wide range of media.
She works in pencil to produce drawings primarily of animals and spirits.
The artist has held numerous solo exhibitions throughout Japan, and participated in group shows in New York, Beijing, Shanghai and San Francisco amongst others.
In 2012, four of her art books were published:’Heaven’s Trip’and‘Baby Shower Story’(by Kawade Shobo Shinsha publishers); the collected volume of manga‘I SAW A LOT OF FAIRIES’(by ERECT Lab.), and‘MWUAI’(Daitokai).
In June 2013, her drawings of mythical beasts and gods were exhibited on 12 of the show windows at Isetan’s Shinjuku flagship store.
In 2014, she collaborated on an art book with Shinya Masako - designer of AHCAHCUM.muchacha − published by Rikuyosha. She is currently working on a special-format edition art book.

Artist. 1978 Born in Kyoto.
I make drawings mostly in pencil, with animals and gods as my subject matter.
1998 Graduated from the Graphic Design Course at Kyoto Saga University of Arts Junior College, Kyoto.
Cartoons and fairy tales have inspired KYOTARO.
Since she was a child she has been interested in mangas and picture books as well as psychedelic paintings.
1999 Moved to Tokyo After having her first solo exhibition at P-House in Ebisu (Tokyo) in 2000, she realized the importance of going beyond the field of manga.

Name:Aoki Kyoko
Gender:Female
Interested In:Men
By having taken the pen-name of a man I hope that my work will be viewed from a position of neutrality.I have used this name since 1996, to create a place from which I can freely express myself in my practice.

I hope that you will view the name KYOTARO as a kind of icon.
From the name KYOTARO I gain power; I gain the ability to create work.

I hope to continue in this way, always as though offering the viewer a kind of gift.

"To come back to the origin."I believe this is now what we all need to do.I think that since the dawn of time, we have evolved by having deep feelings."To feel" is a very important element.However, I sense that it gradually becomes weaker in our everyday life.My drawings spin out of the deepest places of a room of profound sensations.I think we are all connected through this shapeless world.